【おすすめ】ブックカフェ「軽井沢書店」に行ってきた

 

こんにちはがくし です。

 

少し前になりますが軽井沢にあるブックカフェに行ってきたのでレビューします。

 

結果から言うとかなりおすすめです。

 

軽井沢にいく予定のある人はぜひ行ってみてほしいです。

軽井沢書店ホームページはこちら。

 

 

軽井沢にあるたった一つのブックカフェ

本を読みたかったので書店でも…と調べてたらGoogleマップに表示された唯一の書店でした。

 

 

軽井沢書店は北陸新幹線・しなの鉄道線「軽井沢」駅の北口から徒歩で15分ほど。

この日は自転車で行ったので5分ほどで到着しました。

お店の外観です。この日は少しどんよりした空模様でした…。

次は晴れた日に行きたいですね。

 

入り口にはパンフレットが。

 

 

店内に入ると右側が「書店」左側が「カフェ」になっています。

 

まずは書店のほうから見ていきましょう。

 

 

地域のみんなの要望に応えてできた

書籍や雑誌はもちろん、文房具やレンタルDVDまで揃えてるんです。

 

書籍・雑誌

話題の新刊はもちろん、雑誌や文庫、コミックまで幅広い品揃え。軽井沢関連の書籍も充実してました。

 

新刊とか見ると全部読みたくなりますよね。店員さんの本の並べ方にはいつも感心してしまいます。

思わず手に取りたくなりますから。

 

 

英語に翻訳された本も!

観光客の多い軽井沢。外国人のお客さんむけに英語翻訳された漫画や小説もたくさんありました。

 

マンガやアニメ文化が浸透してきているなか外国人に向けてのサービスも充実しているなと感じました。

 

 

 

フェア

 

テーマにそった書籍を集めたフェアコーナーもありました。今は軽井沢で作られた手作りジャムについて特集してました。

 

さまざまな切り口でライフスタイルを提案しているのもほかの書店には見られないものでいいですね。

 

 

文具

日常使用するペンやノートだけでなく、オシャレな雑貨やギフトアイテムまでありました。ガラスペンや万年筆などデザインのこったステキな商品もたくさんおいてあって、文房具好きのぼくとしてはなかなか興味深いコーナーです。

 

 

カフェ

 

出逢いをツナグ場所
ヒト・モノ・コトとの出逢いと繋がりを大切に「ツナグ」カフェとして
たくさんの皆様との繋がりを大切に、
コミュニティが生まれる場所として皆様の日常の一部となれるようなカフェを目指して参ります。

(ホームページより)

 

 

カウンターの様子です。右上にはスタバのロゴが。ここのカフェではスタバの機械を扱っているそうです。

 

 

 

手作りパンも置いてありました。店内に広がるコーヒーとパンを焼く香ばしいにおいがなんとも幸せな空間をつくりだしてます。

 

カウンター席の上には笹の葉と短冊が。

七夕が近いからでしょうね。星に願いを。たくさんの短冊にはお願い事がいっぱい書かれていました。

 

ぼくも短冊にお願い事を書こうと思ったんですが短冊がなくなってしまったようで…。残念。

 

勉強したりおしゃべりする人から、お仕事している人もいて、地元のひとに愛される憩いの場になっていることがわかります。

ぼくはブログのネタをノートに書き綴っていました。

 

 

店内の植物がステキ

ふとカフェ内を見渡して見て思ったんですけど、植物がいい雰囲気をかもしだしてます。

 

多すぎず少なすぎず。ほどよいポジションニングでいい(語彙力)

 

サービス

 

Book & Cafe

 

本や雑誌は購入前でもカフェに持ち込んでゆっくり選べます。

 

大切な本との出会いの場ですからね。ゆっくり選べるなんていいですね。

 

Tポイントサービス

 

Tポイントが貯まります。そして使えます。(※一部利用できない商品、サービス有り)

 

配送してくれる!

 

軽井沢書店で合計5000円以上商品を購入した場合、日本国内に限り商品を配送してくれます。

 

ぼくも地元に戻る前にここで買い物して自宅に送ろうかと思ってます。

 

 

ペットOK!

 

今日はペットを連れたお客さんは見かけなかったけど、ペット同伴で入店が可能です。

 

 

商品検索

店内にある検索機で探している商品をすばやく検索できます。商品の位置は地図で案内してくれます。

 

最近はこういう便利な機械がふえて買い物もスピーディーに済ませることができるようになりましたね。

 

 

 

夜も雰囲気がいい

 

 

近くにいたお客さんもいつのまにかいなくなってて、カウンターのおじさんだけに。と思いきや、そのおじさんお店の人でした 笑

 

店員さんとやけに仲よさそうに話してるから常連さんかと思ってました。

 

そして時計を見れば午後9時20分。閉店時間は……

 

 

 

既に閉店時間を超えていました 汗

 

 

 

急いでコーヒー飲み干して片付けてたら店員のお姉さんがゴミを回収しに来てくれました。

待っていてくれたようです。

 

 

 

まとめ

はじめて「ブックカフェ」と呼ばれる場所にいったんですが、超満足してます。

 

軽井沢書店は2018年の5月にオープンしたばかりで店内はとても綺麗でした。

 

書店としてはそんなに大きくはないんですが、幅広いジャンルの商品が揃っていて不満を感じるようなことはなかったです。

 

また機会があれば行ってみたいと思います。

 

軽井沢に一つだけの書店ということもあり、特別感にあふれてます。地元のひとだけじゃなく、観光客も足を運ぶ観光地の一部としてこれからもたくさんの人が集まるステキな場所であり続けてほしいですね。

 

 

 

▼▼この記事をSNSでシェアする▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です