【最速】新海誠「天気の子」の感想と考察。世界の秘密についての物語

 

 

こんにちはがくし です。

 

「君の名は。」で一躍有名となった新海誠監督の最新作で、

本日公開された映画『天気の子』を見てきました。

 

この記事では、映画を見た率直な感想を紹介していきます。

 

 

多少のネタバレが含まれますのでご了承頂ける方のみ、続きをご覧ください。

 

 

 

 

映画情報

 

今や、世界的に注目されるアニメーション監督・新海誠。

叙情的な男女の物語を、美しい色彩と繊細な言葉で紡ぎ出す“ 新海ワールド” は、

国内外問わず多くの人々に支持され、生み出された作品は高く評価されてきた。

そして、前作『君の名は。』から3年―

待望の最新作が、ついに始動する。

 

新作『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年と少女が自らの生き方を「選択」するストーリー。

東京にやってきた家出少年・帆高が出会った、不思議な力を持つ少女・陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。

声の出演として、主人公・帆高に醍醐虎汰朗、ヒロイン・陽菜に森七菜が決定。2000人を超えるオーディションの中から選ばれた二人の声に大きな注目が集まる。更には、本田翼、倍賞千恵子、小栗旬ら、まさに豪華キャスティングが実現。

そして、主題歌「愛にできることはまだあるかい」を始め、劇中全ての音楽を担当するのはRADWIMPS。今作での新たなチャレンジとして、心の機微を神秘的に歌い上げるアーティスト・三浦透子をボーカルに迎え、複数の楽曲を制作。共に紡がれた、その“詩”は、新海ワールドに、より大きな感動をもたらした。

 

HPより抜粋

 

 

 

ストーリー

「あの光の中に、行ってみたかった」

高1の夏。離島から家出し、東京にやってきた帆高 (声: 醍醐虎汰朗)。

 

しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。

 

彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。

そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。

 

ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜 (声: 森七菜)

 

彼女には、不思議な能力があった。

 

HPより抜粋

 

 

天気の子は公開前から低評価の嵐だった!?

2016年に大ヒットを記録した映画「君の名は。」のから、はや3年。こんなにもはやく次の作品を見れるとは思っていなかったのでかなり嬉しかったです。新海誠監督の新作としても注目が集まっていましたが、今回の作品は一般向け試写会がありませんでした。

 

理由を聞いて驚いたんですがこの映画、公開日の約2週間前にようやく完成したらしいんです。

 

「君の名は。」に引き続き映画の全楽曲を制作した人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカルの野田さんのツイートがプロジェクトの遅れと深刻さを物語っています。

 

 

信じられないでしょうがつい昨日も新海さん川村さんスタッフで途中の状態を観ながら大激論打ち合わせをしたところです。ここからの追い込みで何段階も映画が輝くと思っています。
7/19公開とは思えない綱渡り感。無事公開できたら新海さんをみんなで胴上げしたい気持ちです。

 

公開日を約3週間後に控えたこの時点で、作品は未完成。さらに、7月2日に都内で開かれた「製作報告会見」では、新海監督が自ら「今もスタジオでスタッフが作業中」と語っていました。

 

これには正直驚きました。直前になっても公開される情報や映像での予告が少なかったので、もしかしたら公開延期になるのかもしれないとすら思っていました。

 

スタッフも急ピッチで作業を進めたんでしょうね。そして、7/7新海監督のツイートでギリギリの完成の報告をみて安心しました。

 

 

 

公開前にも関わらず低評価の嵐。賛否両論分かれる作品になりそう

ギリギリの映画の完成で喜ぶのもつかの間、映画の公開の直前には「Yahoo!映画』に100件を超えるレビューが付いていました。しかも荒れ気味…。もともとこの映画は一般向けの試写会は行われず、関係者のみの試写会は行ったとの情報がありました。しかし、映画に携わった人が自分んたち作品に低評価をつけるでしょうか?

 

「ひどい作品だった」「新海監督の作品とは思えない」などのコメントがありましたが、作品のネタバレになるようなことは書かれておらず、実際に見たかも怪しかったです。

 

また、今回初の声優を務める「本田翼の演技力について」など、作品の内容ではなくキャストに対する酷評コメントもありました。

 

これは前作「君の名は。」が興行収入200億円で日本の歴代4位になり、一気に有名になったことによって作品の出来とは関係のないところでアンチが新海監督を叩くためにやっていることだと思います。

 

「君の名は。」の次の作品ですから注目も浴びやすいタイミングです。

新海監督自身は

  • 多くの人の価値観が対立するような映画を作りたい。
  • もともと僕の映画は見てくれる人とそうでない人が別れる映画
  • 賛否が分かれるかは公開してみないとわからない

と語っていました。

 

天気の子が賛否分かれる作品になるのは間違いなさそうですね。

 

君の名はとどっちがよかった?

 

見終わって感じたの事をひとことで言うなら、

 

がくし
総合的には「君の名は。」のほうが好き

です。

 

今回の作品は賛否両論でいろんな意見が飛び交っています。

「君の名は。」よりも「天気の子」の方がよかったと言う人もいます。

 

 

しかし、『君の名は。』と比べる比べないは別として、すごく良いエンターテインメント映画に仕上がっていると思います。

どちらかといえば「君の名は。」の方がよかったと言いますが、ぼくは新海誠監督の作品はどれも好きですし、順番をつける必要はないと思います。

 

「君の名は。」を見た人も、まずは物語を楽しむという観点で映画を見て欲しいと思います。

 

天気の子の感想

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

※核心に迫らない範囲のネタバレを含みます。まだ作品をみていないという方は読まないことをオススメします。

 

新海誠監督の最新作「天気の子」を見てパッと出てきた感想

 

 

  1. 前回同様引き込まれる映像美
  2. 「君の名は。」の瀧と三葉の登場は嬉しさと残念が半々
  3. 須賀圭介の存在がこの作品を支えていると感じた
  4. 本田翼の声は良かった
  5. クスっと笑って楽しめる要素がいくつもありテンポが良かった
  6. 他の映画の影響を受けているような気がした
  7. RADWIMPSの音楽もいい意味で作品に溶け込んでいたと思う
  8. 帆高はやりすぎ、だけどその一途な姿が良かった
  9. 世界の秘密についての説明が不足している

順番に書いていきますね

 

 

1.前回以上に引き込まれる映像美

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

新海誠監督といえば映像の美しさですよね。今回も吸い込まれるような美しい映像を最初から最後まで味合わせていただきました。

 

新宿の街並みを完璧に仕上げてくれました。雨が降っている都会の風景ってこんなにインスタ映えするっけ?と思えるくらい綺麗。特に、今回の作品のテーマは「雨」ということもあって雫一つ一つのキラキラした輝きや独特の動きがあり見入ってしまいます。

 

さらに、作中になんども使われる、雲の間から光が差し込むあの表現がぼくのなかでは一番でした。雨で濁った色の都会の風景×空の上の鮮やかで壮大な色使いがなんともいえない美しさを表現していました。

 

映像のクオリティーは「君の名は。」以上だと感じました。

 

 

2.「君の名は。」の瀧と三葉の登場は嬉しさと残念が半々

出典:映画『君の名は。』

これはかなり驚きました。まさか前作の登場人物が2人も出てくるとは思っていなかったので。「君の名は。」で描かれなかった、成長した瀧と三葉を見ることができたのはかなり嬉しかったです。「君の名は。」が好きだった人たちには嬉しいサプライズになったと思います。

 

しかし、ぼくは同時に少し残念な気持ちにもなりました。「君の名は。」の時にもその前の作品に登場したヒロインが登場して少し話題になりました。今回も前作のキャラクターが登場してもおかしくはないんですが、個人的には「君の名は。」を引っ張りすぎじゃないか?と思ってしまいました。嬉しいサプライズではありましたが、爆発的に売れた次の作品は全く新しいもので勝負してほしかったなという気持ちになりました。

 

作品としては全然問題ないのですが、新海誠監督に向けての感想です。

 

 

3.須賀圭介の存在がこの作品を支えてくれていると感じた

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

 

帆高のバイト先の上司の須賀はこの映画の重要な役回りだと感じました。妻を事故で亡くし、最愛の一人娘とは離れ離れの生活。亡くなった妻と離れて暮らす娘をずっと一番に思い続けている姿と、陽菜を救うために必死になる帆高がかさなって、より感情移入することができました。

 

一見落ち着いて見えるけどじつは心の中で強く想う事がある、なのにその気持ちを押し殺して過ごしてきた須賀が陽菜を救うために必死になっている帆高を通してじぶんの気持ちを知り、その気持ちに素直になった瞬間は感動ものでした。

 

 

4.本田翼の声は良かった。

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

 

映画の予告編映像で「滑舌が悪い」「演技下手」と酷評の嵐だった須賀夏美役の本田翼。すごい勢いで叩かれていたので正直ぼくも本編を見るまではすこし不安な思いがありました。

 

けれど、実際にはそこまで下手かな?という印象でした。たしかにところどころ大根役者感が垣間見える部分がありましたが、ぼくは酷いなどとは思いませんでした。というか、キャラクターとしての夏美の声を聞いていると言うよりは、本田翼の声を聞いていたという印象が強かったです。

 

演劇とか声優をやっている人からしたらきになる部分はあるかもしれませんが、一般人のぼくからしたら、十分に楽しめるレベルです。

 

 

5.クスっと笑って楽しめる要素がいくつもありテンポが良かった

前作「君の名は。」の影響を受けてかところどころクスッと笑える部分があって大衆受けを狙ってきた感はありましたが、ぼくは全然問題ないと思いました。

 

物語の序盤、帆高と陽菜が出会ってからのテンポの良さは見ていて物語の世界観に自然と引き込まれていくような面白さがありました。

 

晴れ女の力でたくさんの人をて助けていく様子は見ていて微笑ましかったし、音楽も相まって素晴らしいと感じました。

 

 

6.他の映画の影響を受けているような気がした

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

 

これはぼくの感覚なんですが、作品に出てくる弟の凪は「聲の形」に出てくる結弦にそっくりだと思いました。性格や口調、髪型もそっくりです。

 

また、天気の子を見に行く前日に家で「ペンギンハイウェイ」を見たせいか、その作風というか、雰囲気にどこか似ているものがあると感じました。

 

まあ、あくまでぼくの感覚、憶測なんですけどね。

 

他の作品の良さを自分の作品に取り入れて表現を模索しているように感じました。

 

 

7.RADWIMPSの音楽もいい意味で作品に溶け込んでいたと思う

 

前作「君の名は。」に引き続き今回も新海監督×RADWIMPSの強力なコラボで作品の世界観を作り込んでいったわけですが、今回は前回以上に作品と音楽がマッチしているなと感じました。

 

「君の名は。」では前前前世の印象が強すぎて、本編途中で曲が流れた時の感動と「キタァー!」という気持ちの高ぶりはすごかったんですが、正直インパクトがつよすぎると感じました。

 

今回は曲だけ盛り上がるということもなく、個人的には映像やタイミングと曲がうまく噛み合っていると感じました。集中がそがれることもなく物語に入り込むことができました。

 

RADWIMPSの創り出す音楽の世界観が映画の良さをとことん引き出してくれていました。さすがとしか言いようがありません。

 

 

8.帆高はやりすぎ、だけどその一途な姿が良かった

出典:映画『天気の子』スペシャル予報

 

消えた陽菜を救うためなんども警察から逃走を図る帆高。線路を走る。大人たちに拳銃を向ける、というか2発も発砲。

 

周囲への被害が尋常じゃないです。犯罪者として捕まるレベルです。

 

「もう二度と晴れなくたっていい、青空よりも俺は陽菜がいい」

 

そう叫んで世界を変えることになっても陽菜が地上にいてくれる事を願う帆高。

前回の「君の名は。」では街を隕石から救うために瀧と三葉が頑張りましたが、今回は逆でしたね。

 

世界はどうなってもいいから君を守りたい。めちゃめちゃ自己中な行動をくりかえしていて、正直やりすぎ感は出てましたが、中途半端じゃなく、振り切ったラブストーリーだったのが逆に良かったです。

 

物語自体はハッピーエンドでしたが、視点を変えれば東京が水没してバッドエンド

この作品の賛否が分かれるのはこの部分だと思います。

 

 

9.世界の秘密についての説明が不足している

「これは、ぼくと彼女だけが知っている世界の秘密についての物語だ。」ではじまるこの映画なんですが、この「秘密」について若干わかりづらいなと感じました。

 

小説を読んだらわかるんですが、物語は帆高が陽菜を救い出した3年後、水浸しになった東京に再びもどるフェリーの上から始まります。

帆高が、陽菜を選んだことにより世界を変えてしまったという「秘密を語るというものになっています。

 

予告の映像では陽菜が世界の秘密を知る少女として書かれていますが、これは映画を見ただけではわかりづらいです。このキャッチコピーをつけるなら帆高も同じものをつける必要がありますね。

陽菜が「100%の晴れ女」や「天気の巫女」だということが世界の秘密とすれば夏美や圭介も知っているので2人だけの秘密にはなりません。

 

なのでもうすこし情報を加えるか、この「世界の秘密」という表現を変える必要があるとおもいます。

 

 

十分すぎるくらい良い作品、前作と比べる必要はない

天気の子は一般公開前からすでに酷評が多くついていましたが、ぼく的にはとても満足のいく作品だったし、なんども見直したいと思えるものでした。

 

レビューだけで決めつけるのではなく、自分の目で見たものを評価したほうが良かれ悪かれ納得ができるんじゃないでしょうか。

 

公開ギリギリまで身を粉にしながら作業を続けた新海監督をはじめスタッフの頑張りはすごいなと感じました。新海監督が言っていたように今後賛否両論、たくさんの価値観がぶつかり合うと思うんですよね。それを糧にして次にどんな作品を世に生み出してくれるのか楽しみです。

 

今回は新海誠監督の映画天気の子をみてきた感想を書きました。

参考になれば幸いです。

 

 

▼▼この記事をSNSでシェアする▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です