【3分で解決】Google Adsenseに「要注意 収益に重大な影響…ads.txtを…」と表示があったときの対処法

先日、ついにアドセンスの審査が通り、ウキウキしながらAdSenseのページを開いたところ一番上に下記のような警告分が表示されていました。

 

 

要注意 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

 

審査に通ったばかりで何も知らないにもかかわらず、「要注意」や「収益に重大な影響」とか言われてもわかりません。

 

がくし
「ファイルの問題を修正してください」とか言われても、問題になるようなことをした心当たりもないし…

 

 

けれど、調べてみたら一瞬で解決できたので、その解決方法をここに記したいと思います。

 

この記事ではGoogle AdSenseに上記の警告が出た際の対処法を解説します。

WordPressを使ってブログ運営されている方は解説通りに設定することで問題を解決することができます。

 

 

ads.txt ファイルとは?

そもそも修正してくださいと言われたads.txtって何でしょうか。

 

Googleが出しているads.txt に関するガイドをみてみましょう。

 

ads.txt による認定デジタル販売者(Authorized Digital Sellers)の宣言は IAB Tech Lab によるイニシアチブで、コンテンツ内のデジタル広告枠が、そのコンテンツのパブリッシャー(ウェブサイトならばサイト運営者)が認定した販売者(AdSense など)を通してのみ販売されるようにするものです。サイト運営者様は ads.txt を独自に作成することで、自サイトの広告枠の販売者を厳密に管理し、偽の広告枠が広告主に提供されるのを防ぐことができます。

ads.txt は、使用することを強くおすすめします。ads.txt を使用すれば、購入者が偽の広告枠を判別できるため、サイト運営者様としても偽の広告枠に収益が流れるのを阻止し、その分収益を増やすことができるというメリットがあります。

 

簡単に要約すると

「ads.txtはオンライン広告詐欺を減らすための仕組みなので、サイトに設定しておくことをお勧めします」というものです。

 

今回、要注意の警告が表示されたのは、「あなたのサイトにads.txtが設定されていないですよ」と教えるためだったんですね。

 

ads.txtを設定していなかったところで、アドセンスの広告は表示されるみたいですが、Googleが強くおすすめしているので、サクッと設定していきましょう。

 

 

ads.txt ファイルの問題についての対処法

 

①まずは警告文の最後に表示されている「今すぐ表示」のボタンをクリックして、詳細を表示させましょう。下に「1つのサイトで使用するads.txtファイルを作成する」というメッセージが出てきます。

②出てきた表示の下にある「ダウンロード」のボタンをクリック。

すると下記の文言が書かれているテキストファイルが現れます。

 

google.com, pub-xxxxxxxxxxxx, DIRECT, f08c47fec0942fa0

 

この「pub-xxxxxxxxxxxx」の数列はGoogle AdSense画面のメニュー「アカウント」の「パブリッシャー ID」に記載されているものと同じものになります。

 

 

このファイルにの名前を「ads.txt」に変更して「保存」しましょう。

保存先は自分がわかりやすいところで大丈夫です。

 

この時、標準テキストのエンコーディングを「Unicode(UTF-8)」に変更できるか確認してください。

※変更できない場合は、後ほどサーバーにアップロードする際に変更できます。

 

 

ads.txt ファイルをサーバーにアップロード

次は、保存したads.txt ファイルをサイトのサーバーにアップロードします。

 

がくし
難しくないのでサクッと終わらせましょう!

 

サーバーにアップロードする際に気をつけなければいけないのは、アップロード先です。

違う場所にアップロードした場合、アドセンス広告が表示されなくなることもあるので、注意しましょう。

 

今回はエックスサーバーを例にして説明していきますね。

 

まずはエックスサーバーにログインします。

 

トップページの「サーバー」の欄にある「ファイル管理」をクリックしてください。

複数のサーバーを利用している場合は「ads.txtファイル」をアップロードしたいドメインをサーバーを選択し、そのサーバーの「ファイル管理」をクリックしましょう。

 

 

「ファイル管理」のボタンを押すと、「ファイルマネージャー」のページに遷移します。

 

左側に表示されているメニューの中に、サイトのドメイン名が記載されているかと思います。

ドメインをクリックすると「log」や「mail」など複数のフォルダが表示されるとお思いますが、その中に「public_html」があります。こちらをクリックしてください。

 

public_html ファイルって何ですか?

public_html はドキュメントルートと呼ばれ、ホームページのデータ(HTMLファイルや画像データファイルなど)を置くためのディレクトリです。

インターネット上で公開したいデータは必ずこのフォルダ内にアップロードを行っていただく必要があります。

 

 

「public_html」をクリックすると、中に入っているフォルダやファイルが入り欄で表示されますが、その中に下記のフォルダやファイルがあることを確認してください。

 

  • wp-admin
  • wp-content
  • wp-includes
  • .htaccess

 

確認ができたら、右上にある「アップロード」ボタンを押しましょう。

 

 

ファイルのアップロードするためのポップアップが表示されるので、「ads.txt」を選択、もしくはドラック&ドロップしてください。

 

「ads.txt」が選択できていることを確認してください。(上の図・①参照)

 

次にアップロード先の確認です。

アップロード先が「/サイトのURL/public_html」になっていることを確認してください。(上の図・②参照)

 

最後に、ファイル名の文字コードが「UTF-8」になっているかを確認します。

はじめに「UTF-8」で保存した場合、初めから表示されているかと思います。

もし表示されていないようでしたら、「UTF-8」に変更してください。

 

  1. ファイル:ads.txt(1KB)
  2. アップロード先:/サイトのURL/public_html
  3. ファイル名の文字コード:UTF-8

 

上記の3つを確認したら、「アップロード」ボタンを押しましょう。

 

 

最後に、正常に追加できたかどうかを確認しましょう。

アップロード先を「/サイトのURL/public_html」にしたので同じ場所にads.txt ファイルが追加されているはずです。

 

 

まとめ

今回は、Google Adsenseに「要注意 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」と表示があったときの対処法として、

ads.txt ファイルのアップロード方法をまとめました。

 

警告文が表示されると焦ってしまいますが、手順通りに進めていけば数分で完了するはずです。

僕の場合、アップロードして次の日には警告文が消えていました。

 

場合によっては警告文がしばらく残っているということもあるようですが、ads.txt ファイルをきちんとアップロードしておけば、問題はないですよ。

 

 

▼▼この記事をSNSでシェアする▼▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

韓国の大学を卒業後、日本の大手Web制作会社に就職。ECサイトのディレクションに関わる。 また自身でのクリエイティブ制作にも注力しており、動画編集者、ライターとしての一面も併せ持つ。20代の働き方や、デジタル×◯◯の分野に強い関心を示す。 当ブログ「monologue」を運営しています。